気まま記一覧

PERFECTIONISM

「まっ、いいっか。」
この一見軽そうなこの言葉、何事にも真剣真面目に取り組む完璧主義な人には難しい言葉なんですよね。

かつての私がそうでした。
真剣真面目に取り組むことを「やって当たり前」「出来て当たり前」と思っていたし、やり遂げたときのあの何とも言えない喜び、自己満足感!
自分がそういう人間だったから、中途半端にダラダラしている人、それこそ冒頭の「まっ、いいっか。」を簡単に口にする人を信用していなかったかもしれません。

でも、やはり年齢なのか成長なのかは分かりませんが、真面目で完璧主義な自分に疲れてきたんですね。
自分は完璧にやろうと思ってやっている訳ではないのです。ただ、真面目なだけ。言葉の最後に「ねばならない=MUST」がくっついてくるのです。「私がやらないと誰がする?」「他人にお願いするくらいなら自分でする。」「自分でやった方が早いし、信頼できる。」こんな感情が渦巻く中で作業をし、疲れ、愚痴も出てくる。そこで少しのミスが発覚すると、ミスをした自分が情けなくなる。負のスパイラルがグルグルと渦巻いてましたね、あの頃は。

真剣に自分と向き合って、自分が笑顔でいるためには頑張りすぎない!と決めました。
「まっ、いいっか。」の人って他人に頼ることを知っているし、肩肘張っていない分表情が柔らかい感じがしませんか?逆に「私が!」な人って他人に頼りたくても頼れない、表情も強ばりピリピリ感が出てませんか?

でもね、頑張りすぎない!と決めたものの、根が真面目だからそう簡単に「まっいいっか」になれないんですよ。ある人に「頑張りすぎない」「まっいいっか」を1日100回唱えなさい」と。それを言った直後に「本当に100回唱えそうやね、今の聞き流して」と言われたエピソードがあります。他人も認める真面目人間 (笑) 

いつからでしょう?こんなイライラし愚痴を言うくらいなら!と思い緩く緩くを心がける様になりました。自分を追い詰めてバタバタした人生に疲れるなら、緩く生きたい。この世の中、やらないと!な出来事なんてそんなないさ。自分がウキウキワクワクイキイキをモットーにし始めたら楽になり肩こりも軽減しましたよ。

生きていたら愚痴を言いたくなる事なんか山ほどあります。他人が「あなたは〇〇な人だから××しましょう。」そんな簡単安易にアドバイスする人もいます。真面目で常に「ねばならない」が頭にこびりついている様な人に「やりたくなければ、やらなきゃいいんですよ。」って。それが簡単にできれば悩まないし相談なんかしないですよね。

個人個人違うんです。個性があります。どこかで何かにピン!と来る事があります。自分のやり方で息抜き方法を見出せれば良いんです。そのためにもまずは自分に気づく!これが大事です。


怒りのコントロール

私事ですが、ものすごく久しぶりに感情が爆発し怒りをぶつけてしまう事件がありました。
事件というほどの事件ではもちろんないのですが、簡単に説明しますと、

家のMACと私のiphoneを同期という作業を行うのですが、これは常日頃行っていたことであり、何ら難しいことでもないんですね。ただ、Apple側がOSカタリナなるものを出し、それを普通にアップグレードしただけなんですよ。すると同期がうまく行えず、私のiPhoneから大量の写真データが消えてしまうという...5000枚以上入っていた写真が見事に0に!
慌ててサポートに電話をかけたところ、言葉使いはもちろん丁寧だし、Appleスタッフの対応はとても良かったです。ただ、みなさん解決法がわからないものだから、サポートスタッフが替わる替わる。替わるごとに保留されてしまうので「待ち」の時間の長いこと!それで替わるごとに1からの事情説明。11/1は朝の9:00からMACの前に座り右手にはiPhone、左手には固定電話、この状態が途切れ途切れとはいえ、午後3:00まで!
で、どこで私の怒りが爆発したかと言いますと、もちろん故意ではないのは分かっているのですが、会話途中に電話がプツッと切れてしまい、あれ???切れてる?な状態に。
そこですぐにApple側と繋がれたら問題なかったのですが、また1からサポートに電話をし、「英語か日本語を選んでください」のオペレーターの操作から始まるんですよ。で、結局会話途中だったスタッフとは話せずまた別の人。また1から何が起こったかの事情説明…
ここで「冷静」の「れ」の字もないままに怒りの感情をぶつけてしまいましたよ。

アンガーマネージメントの講習も受けているのですよ、私。
怒りのクールダウンには
・事が起こって6秒待つ
・待っている間に怒りのレベルを測る 1〜10
・気持ちを落ち着かせるためのおまじない言葉を唱える 
 「なんくるないさぁ〜」「この人も一生懸命さぁ〜」などなど。

と習ったのに…。
第2感情である「怒り」。怒りの感情が湧き上がる前の第1感情は何か?
誰しもが怒らないで済むなら怒りたくないですよね?この感情とどの様にしてうまく付き合うか。怒ってはいけないのではなく、怒り方、伝え方が重要!
と自分に言い聞かせてます。

補足ですが、11/1の超長電話から始まり、次の日も、その次の日も解決方法を!とAppleとやりしました。日を開けて11/8も解決する様お互い頑張りました。また日を開けて昨日の11/15も頑張りましたよ。
結果、わからないそうです。「一旦失礼いたします。」と…
悲しい。ムスメ(犬)の0歳からの12年分の成長記録写真が…。

Appleスタッフの方々の対応はとても良かったです。ただ、OSカタリナがねー。

 


[気まま記] 気づくことの大切さ

対話のカウンセリングのサブツールとして使っている「カラーセラピー」と「セルフセラピーカード」、よく知らない方も多いかと思いますので、改めて書かせていただきます。

占いですか?と聞かれることがよくあります。特にセルフセラピーカードの方は、タロットカードとよく似た感じのやつですか?など。何となくそのように思えてしまうのも無理はないかな?とは思いますが。こちらは両方とも占いではないです。自分自身に「気づく」こと。

例えば、カラーボトルで選んだ色がライムだったとします。ライムにもキーワードがあります。その中で『新芽』という言葉に引っかかったなら、何か新しく始めようかな?と思っている事があるのかな?もしくは「ライム=若葉」、未熟さを感じているのかな?などとカウンセリングしながら紐解いていくためのサブツールとして用いて、「思い当たることはないかな?」「何でそうのように感じる?」などの『気づき』に重点を置いています。
なのでセルフセラピーカードも同じです。「ああ、私ってこの様に感じていたんだ!」
前に進みたいのに進もうとしない、もしくは進めないのは、心の底に不安や恐怖、思い込みが隠されているからかもしれないですよ。

なので占いの様にカウンセリングしながら「〇〇な事が起こりますよ。」「××しなさい。」「今は時期が悪いから、◯月から始めなさい。」ということはないです。
あくまでもじっくり傾聴し対話しながら気づいていく…

変わりたい自分がいるなら、まず自分と向き合って、自分の心に聴く….
とても大切なことです。


[気まま記] 鈴虫寺へ

先日姉からの誘いを受け鈴虫寺へ言ってまいりました。
正式名称は「妙徳山 華厳寺」。秋だけでなく四季を通じて鈴虫の音色を聞くことができます。
こちらのご住職が20数年もの年月をかけ、産まれた卵の温度管理などなど研究を重ね、1年中鈴虫が鳴くお寺として有名です。

お茶とお菓子(寿々むし)をいただきながら、説法を聞きます。
堅苦しくなく、笑いを交えてのお話は「来れてよかった」「また来たいな」と思える内容でした。今後行かれる方もあるかと思うのでサラっと書きますが。

*他人と自分を比べる。
あの人にはできることが、何で私にはできないんだろう?私ってダメな人間よね。
こうやって自分をダメというレッテルを貼る。
「苦ラベル=比べる」

*3つの漢字を覚えていってねーー。覚えやすいから、と。
素(ス)ありのままの自分。
磨(マ)心を磨く。
歩(ホ)歩んでいく。

説法のあとお庭を散策し、日本で唯一草鞋を履いたお地蔵様に手を合わせに行きます。
幸福御守を手と手で挟み、一つだけお願い事をします。
なぜお地蔵様がわらじをはいていらっしゃるのか?などのご説明も説法の前に教えていただけます。

9月末とは思えない気温の高さながら、お寺って心地よい空間ですよね。
心軽く清らかに本日のメインイベントが終了しました。

鈴虫寺を後に時間もお昼ご飯なので嵐山へ移動し、オープンしたばかりの
パンとエスプレッソと 嵐山庭園にてランチをいただきました。
入って名前を書いた時には6名ほどが並んでいたので、そんなに待ち時間は無いであろう私の予測は見事に大外れ。6名どころか、建物をくるっと回ると、そちらにも順番待ちの方々が!

お店に着いたのが12:15、お店を出たのが14:00。
嵐山店限定の抹茶のフレンチトースト、姉がすごく食べたがってましたが、14:00からの提供との事で諦めましたが、帰る頃には「オーダーできる時間になったでー」と笑いながら…

せっかくの嵐山、散策したい気持ちはあるのですが、平日でもすごい人人ですね。
メインは鈴虫寺だったので、早々と嵐山を後に帰路に着きました。

本当にステキな1日になりました。心を磨く。この日は心を洗えた気がしました。


[気まま記] 最初はNO!

どんなたわい無い会話であろうと、まず否定し自分の意見を押し付けてくる人って周りにいませんか?私の周りに1人だけいます。もちろん友達ではないです。お客様でもないです。どうしても月に1度だけお会いし話す機会がある人です。

そんな彼女の口癖は、「私だったら〇〇する。」「私だったら△△を選ぶ。あなたも△△にしなさい!」これ以外にもっと色々言ってくるのですが。まぁもう慣れっこになってしまったとはいえ、会話を楽しむどころかどっと疲れてしまいます。こちらがアドバイスを求めているならまだしも、たわい無い会話をしようとしているだけなのに、頭からの否定+押し付けが来ると、どうしても「……..。」な状態になってしまいます。上手に受け流しをしながらも、フラストレーションは溜まりますよ。毎月の事ですから。

つい先日、彼女が自分という人間は…と私に言ってきたのが
「私はきちんと分別のできる人間、人の嫌がることをしない。」
「きちんと言葉を選んで話しているし、言い方って大事。」
「なのに人は色々と私に言いたい事を言ってくる。」
「打たれ弱いし傷つくからやめて欲しいのに。」
だそうです。

自分がされて嫌な事をあなたは他人にしているのよ、という言葉を彼女はまだ受け入れれないだろうな…と思いながら「ふんふん。」と聞いていましたが…。

自分自身が気づく大切さ、他人からの助言を「ありがとう」と受け入れる柔軟さを常に持ち続けたいなと思う出来事でした。