ココロ+イロ一覧

[色と心理] 赤 vs 青

いきなりですが、「色の名前を言ってください」と言われるとまず最初に出てくるのが『赤』が一般的ではないでしょうか。その次に出てくるのが『青』。

タイトルにもあるように、赤と青は対照的なイメージとして例えられますよね。
赤のイメージ=熱い、危険、闘争、派手、エネルギー、活動的、情熱、怒り、血、太陽、炎
青のイメージ=冷たい、冷静、神秘的、孤独、憂鬱、爽やか、信頼、自由、平和、空、海

学生のころ友人が連続殺人犯に関する雑誌を定期購読しており、その雑誌を借りて読んでいた時期がありました。。毎月1人の連続殺人犯に焦点を当て、その人の生い立ち、反抗の仕方などなどを特集する雑誌『MURDER CASE』だったか『MUEDER FILE』だったかまたは全く別のタイトルか、記憶が曖昧ですが。
私自身「24人のビリーミリガン」などを読んでいたこともあり凄く犯罪心理に興味があったんですね。その当時に見たテレビ番組で犯人を赤い部屋と青い部屋に入れた時の精神状態を見る実験について、記憶を元に書きますね。

まず赤い部屋に入れられた犯人は落ち着きがなく、人によっては発狂し始めます。基本立ち上がってウロウロしている人も。「俺をここから出せーーーっ!」壁を蹴る!な興奮状態。
一方の青い部屋の犯人は落ち着いています。椅子に座っている人が多かった記憶があります。しくしく泣き始める犯人も。

この実験はあくまでも対象が犯罪を犯した人物なので、実験結果は極端かも知れないですが、これを見てからの私の赤へのイメージはしばらくは悪かったですね。
赤=興奮、イライラ 青=冷静、落ち着き みたいな(笑)

今朝和歌山で雪が降ってました。それくらい冷え込むこの時期に赤い部屋と青い部屋があればどちらに入るか?赤い部屋は興奮するからイライラするからイヤーー!なんて言ってる場合じゃないですよね。少しでも暖かく感じるように赤い部屋に入りたくなりますよね。
それが色が持つイメージ。人に感情や感覚を呼び起こさせることができるのです。

 


Nelson Mandela

何事も成功するまでは不可能に思えるものである。

  ネルソン マンデラの言葉より。

 



LP

つい先日レコードアルバムを買いました。レコードなんて高校生以来で、ちょっと新鮮♬
買うきっかけは一目惚れ♡ ビートルズのイエローサブマリンのジャケットは知っていたものの、このタイプのは見たことが無かったし、何よりも私の大好きな黄色が目に飛び込んでくるんですよ。思わず衝動買いです。レコードプレイヤーなんてもう無いので、ポスター感覚で飾っています。貧乏性な性格のため、汚れては!!と思うとナイロン袋から出せない(汗

余談ですが、私が生まれて初めて買ったレコードは、シャネルズのランナウェイ。
当時私は小学生。もちろんファンでもなんでも無かったんですけど、何故でしょう?お年玉で買ったのは今でも記憶に残ってます。


スキルアップ②

先日カウンセリング勉強会に参加してきました。月1の楽しみでもある集まりです。
今回学んだのは逐語記録をもとにカンセリングの失敗例を生徒みんなで
「私ならどう伝えるか」「何がいけないのか」「訂正するなら?」などと、あーだこーだとお互いの意見を述べあうレッスンでした。

カウンセラーの基本中の基本!傾聴すること。喋りすぎない。クライアントの心の中に耳を傾けること。表ではこう言っているけど実際は?クライアント自身がどうしたいのか?に耳を傾ける。真正面から向き合うのではなく、そっと寄り添う。簡単そうで難しい。

次回のレッスンは箱庭療法のワーク。すごく楽しみです♬ また報告しますね^^

関係ないですけど、最近判明したことがあります。どうやら私は記事のタイトルを考えるのが苦手みたいで。これもセンスが要る業なんですよね。タイトルセンスないのでシンプルに。