非言語コミュニケーション

非言語コミュニケーションとは、言葉以外の手段によるコミュニケーション。
つまり顔の表情、顔色、視線、身振り、手振り、体の姿勢、相手との距離感など。
会話の中では表情や声のトーン、話す速度、ジェスチャー、視線などは言葉よりも重要な役割を果たします。

アメリカの心理学者アルバート・メラビアンによって1971年に発表された、「7-38-55ルール」あるいは「3Vの法則」と呼ばれる法則によると、コミュニケーションを取るときには、受け取る情報を100とすると、相手から発せられる言語の内容である「言語情報」から7%、声のトーンや口調、大きさ、話す速さなどの「聴覚情報」から38%、相手のジェスチャーや視線、表情といった「視覚情報」から55%の情報を受けていると言われています。

行動心理学でも使われるのですが、目を合わせる、合わせない、目線が右上を向いている、腕組みをしている、鼻を触る、などなど気づかないうちに出しているサインが幾つもあります。

同じ内容なのに伝わり方が違うのはまさに非言語コミュニケーションが影響しています。
ニコニコしながら明るいトーンで放つ毒っ気たっぷりのジョーク、ムスッとしながら低トーンの毒っ気ジョーク。後者はもうジョークにすら聞こえないかもしれない。

あとは本音と建前の見分け方ですね。
よくテレビなどで言われている「京都の人は意地悪」
例で挙げられていたのが、お隣のお子さんが家でピアノをずっと弾いていたのでそのお母様に声をかけた。建前:「熱心にピアノの練習して偉いわねぇ。」本心:「煩くて迷惑だからやめてね。」
一瞬褒められている♬と思ってしまいますよね。でも実際は…を聞くと「こわっ」(笑)
その時に送っていた非言語のメッセージがあるはずなんですよね。

こうした非言語コミュニケーションを私たちは無意識に、時に意識的に使い分けています。相手の感情を読み取る際、言葉以上に重要になるのが、表情やしぐさなどの態度に表れる部分です。対人コミュニケーションの中でもとっても重要な部分です。