[色と心理] 言葉から連想する色

さて、人の心と色はどのように繋がるのでしょうか?
心理学として思い浮かべるのは性格の診断や解釈、個人の問題であったり心の病気など。
カウンセリングにも病気に携わる分野と、病気以外の問題解決に携わる分野があります。
ストレスフルな世の中、病気か病気ではないかの判断が難しくなってきているのが現実。
その中で色彩は治療や援助に必要なツールとして役立てられています。

色を使った心理テストや芸術療法は数多くありますが、今回はまず『言葉から連想される色』をご紹介したいと思います。           参考図書:色彩心理のすべてがわかる本

1963年に大山正氏らによって行われた調査結果です。
14の象徴的な内容の単語を145人の女子短大生に見せ、16色の中からイメージにあった色として選ばれた上位3色です。

怒り:赤(67)、橙(20)、黒(18)                
郷愁:黄緑(28)、緑(24)、黄橙(21)
嫉妬:赤(36)、紫(26)、橙(24)                
家庭:黄橙(40)、橙(27)、ピンク(24)
罪 :黒(57)、灰(50)、青紫(11)            
愛 :赤(59)、ピンク(19)、橙(18)
永遠:白(30)、緑味青(25)、青(19)          
純潔:白(127)、緑味青(6)、赤(3)
幸福:ピンク(26)、黄橙(23)、橙(20)      
夢 :ピンク(40)、緑味青(22)、黄(15)
孤独:青(33)、灰(30)、黒(21)                
不安:灰(82)、紫(10)、黒(9)
平静:青(29)、緑(24)、緑味青(21)          
恐怖:黒(62)、灰(30)、赤(12)

まさに色の持つイメージですよね。絵を描いたり塗り絵をしたり、はたまたカラーボトルを選んでみたりするとわかりやすいですよね。幸福色のピンクなのか、不安や恐怖色の灰色や黒なのか。(カラーボトルに灰や黒はないですが)
芸術療法は主に専門家の下で行われますが、個人でもリフレッシュやリラックスを目的に、その時の心理状態を見るセルフセラピーとして役立ってくれると思います♪