[色と心理] yellow

4月に入りましたね。春うららのはずが未だ寒くて寒くて…まだ靴下2枚履いてます。

さて、「4月」「春」と言えば桜をイメージする方が多いのかな?と思いますが、今回は桜ではなくミモザや菜の花の黄色について。

黄色は有彩色の中で一番明るい色で光や太陽のイメージが浮かびますよね。なんだか元気モリモリな感じがします。
五感のなかで聴覚と関係が深いのは黄色です。黄色い声援という言葉があるように、明るい声やよく通る音のイメージは黄色に繋がります。

キーワードは、明るい、楽しい、陽気、明朗、快活、躍動、子供っぽさ、注意、注目、目立つ、軽い、不安、軽率、愉快、閃き、英知、知性などでしょうか。

明るい気分になれば、未来も明るく感じられ希望や期待を抱く事でしょう。
しかし明るい気分になれない時は、未来に対し光が当たらず絶望感、心配、不安、恐怖と言った感情に支配されてしまいます。
そんなネガティブな感情があったとしても、あなたが黄色を選んだと言う事は、「もうすぐ光が見えてくるよ!」と、潜在意識からのメッセージかもしれません。

あと黄色には「注意」というキーワードもあります。信号機の黄色がまさにそれですよね。
黄色は、膨張色ですから実際よりも大きく見えます。また、誘目性が高く、遠くからでも目に飛び込みやすい注意を引く色です。
注意を引くということは、視線を集めて注目を浴びる事です。注目をあびることを楽しめる人は黄色の人かもしれません。ユーモアのセンスがある、クラスの人気者だったり。周囲からそのように評価されているかもしれませんね。
頭の回転が速く、物事を論理的に捉えます。頭で考えすぎる傾向に在るので、少しココロの声を聞く必要があるかもしれません。

インドのチャクラ思想では、黄色はちょうど鳩尾(みぞおち)、胃のあたりを指します。
体の中心あたり。だから、チャクラの教えではセンタリングと言って、「自分を中心に持つ事」を意味します。自分を中心にちゃんと持っていれば「他人は他人」「自分は自分」と区別することができます。

十人十色。
みんなと同じ、
みんなと一緒、
流行ったらから、

そんな言葉が自己主張がなくて嫌だ!と言う人は、黄色の人なのかもしれません。