要る?要らない?

先日自宅から少し離れた場所へ整理収納のお手伝いに行ってきました。
ご依頼主は私がいつもお世話になっている整体の先生で、先生のご両親(80歳超え)が暮らす1軒家の片付けです。
先生のお父様が術後退院して家に戻ってもモノが多すぎて足場が悪いし危険なので導線の確保と、なるべく2階には上がらなくても済むようにモノを配置したい。との事でした。

先生からは『ビックリしないでね、カオスよ。』と言われていましたが、さすが80歳超えのご夫婦!モノの量が半端なかったですね。しかも『モッタイナイ』精神の時代の人たちですので捨てることへの罪悪感もあります。
なので整理収納の基本、モノと向き合うことから始めるわけですが、基本お母様は『要る。置いといて。』覚悟はしていましたよ、でも途中からすごく協力的になってくださり、モノとの向き合い方も理解して頂けました。

ただ行く道中で思わぬ大事故渋滞に巻き込まれ、自宅を出たのが8:40なのに現場到着が13:00という。しかも先生は泊まっていくので、私は電車で帰らないと行けないという時間の都合上3時間しか出来ず(涙)。仰られていた導線確保だけは何としても!な勢いで行いました。まだまだ向き合うべきモノは大量にあるので、思う存分スッキリお片付けは次回に持ち越し。

可愛らしいお母様に会えるのも楽しみです♡ コーヒーゼリー美味しかったね♡